WordPressをMAMPから本番環境へ移行した時に失敗した話

数日前に自身で作ったワードプレスを本番環境へ移行するためのテストを行ったのですが、そこで元々自信がつくっていたドメインにサブドメイン設定をしてテストしようと思いやっていたのですが、なかなかうまくいかず、数回試していた時に、自身のサイトの方に誤ってwordpressとデータベースを上書きしてしまったので、次回から間違えないよう忘備録として残そうと思います。

MAMPからWordpressの移行について

そもそもWordpressで本番環境に移行するには方法はが2つあります。

一つはWordpressのプラグイン「All-in-One WP Migration」を使った方法

もう一つはFTPソフトなどを使用して移行する方法です

All-in-One WP Migration

WordPressにはとても便利なプラグインが用意されており私もよくお世話になっております。

データベースがよくわからない、難しいいことや専門用語を聞くと鳥肌が立つ、などそういった人はこのプラグインがとても役に立つと思います。

方法としてはまずWordpressで「プラグイン」> 新規追加を選択し、検索バーに「All-in-One WP Migration」を追加する方法

こちらのリンクから「All-in-One WP Migration」ダウンロードする方法

好きな方を選んで大丈夫です。

流れとしては

  • All-in-One WP Migration プラグインをインストール。
  • 「エクスポート」ボタンを押すと、データベース、メディアファイル、プラグイン、テーマが1つのファイルにまとめられます。
  • 新しいサイトの WordPress ダッシュボードで、簡単に使える「ドラッグ&ドロップ」機能を使ってエクスポートファイルをアップロードします。

方法で行います。

今回こちらのやり方の詳細は割愛させて頂きますが、ローカル環境にあるWordpressとは別に本番環境にWordpressをインストールしておく必要があります。

その上で、ローカル環境、本番環境ともに「All-in-One WP Migration 」プラグインをインストール必要があります。実際にやってみるとすごく便利なのですが少しデメリットもあり、ファイルサイズが512Mbit以上は転送ができないので画像などは後ほどアップロードするなどする必要がある場合があります。

一度、試しにやってみてください。

FTPを使用してMAMP環境から本番環境への移行方法

今回の本題に入りたいと思います。

では詳細を記述していきます。

MAMPの「phpmyadmin」から該当データベースのsqlをダンプする

まず、MAMPを起動してstartボタンを押してサーバーを立ち上げます。

起動した音はその横にあるWebStartボタンを押します。

MAMP起動画面

Tools > phpmyadminを選択するとローカル環境内のデータベースが出てきます。

ここで移行したいWordpressのデータベースをダンプします。

Exprotを選択して

これでデータベースの内容をファイル名(ファイル名は自由です).sqlで保存できました。

本番環境のサーバーにWordpressをインストールするためのフォルダを作成する

私はロリポップを使っておりWordpress簡単インストールをしてするので手間がかからず一発で終わります。この場合データベースを個別に作らなくてもWordpressが自動的に作ってくれますので、作業が簡略化されて便利です

データベース作成後Wordpressないにあるconfig.phpをコピーしてバックアップを取る

これは実際にバックアップをとておかないと設定がわからない場合サイトにアクセスできなくなる可能性があるため行う作業です。デスクトップなどにわかるように保存しておきましょう。

config.phpのこの部分を探してレンタルサーバーなどのデータベースを確認してみてください

config.php編集

ロリポップでは「サーバー管理・設定」 > 「データベース」が出てきます。

この中から必要な情報をconfig.phpに書き換えていきます。

SQL内URLを移行元のドメインから移行先のドメインへ全置換する

これをする際に直接phpmydminでSQLを打って直接編集する、もしくは、「Search Replace DB」を使って書き換えます。

こちらの使い方は後日別の記事で詳細を記述いたします。

ダウンロードはこちらから

https://interconnectit.com/search-and-replace-for-wordpress-databases/

一応Wordpressの公式のCodeXでは「Search Replace DB」を使用するのが望ましいとされています。

移行先のデータベースにローカル環境から取得したsqlファイルをインポートして流し込む

こちらは先程行ったExportの逆でImportでデータベース情報を流し込んでいきます。

本番環境にローカル環境のWordpressを本番環境で作ったフォルダにFTPソフトなどを使ってアップロードをする

最後にFTPソフトを使ってMAMP環境内にあるWordPress内のcontentフォルダー配下にある「plugins」、「themes」,「uploads」フォルダーをアップロードを行います。

これで実際の挙動を確認できればOKなのですが、一つだけすることがあります。

パーマリンクの設定を何も変更しなくて大丈夫なのですが更新だけする必要があります。

やり方は、「設定」 > 「パーマリンク」 > 「変更を保存」これだけです。

長々と記述しましたが、投稿主本人が忘れないための忘備録です。

実際に自身で試してみた時に作っていたホームページが消えてしまったので、バックアップは必ず取った方が本当にいいです。私は本気で泣きそうになりました。

僕の書きた記事がどなたかの参考になればと思い今回記述してみました。

後日「All-in-One WP Migration」プラグインや、「Search Replace DB」の使い方なども記述していこうと思います。

私の記事が誰かにとって少しでも役に立てればと考えながら記述はしておりますが、至らない点など多くあるかと思いますが、今後精進していきます。